Powered by Six Apart

カウンターなど

« パリの報恩講 | メイン | 親鸞なう17日 »

2010年10月17日 (日)

親鸞なう16日

16日の「親鸞なう」は、大平光代さんが登場。

大平さんは「だから、あなたも生きぬいて」で有名な方だが、筋金入りのお念仏者の祖母の影響を深く受けたのだそうだ。

「まんまんちゃん(ほとけさま)が見てはるよ」という祖母の声が非行から立ち直る原動力となっていたようだ。

僧侶となることを決意し、中央仏教学院の通信教育で仏教を学んだ。

次の言葉は、心に残る。

「居場所がなくて非行に走る子ども、心が壊れてしまう大人がたくさんいます。お寺は心の居場所になってほしい」

15日の「親鸞なう」について、疑問が残る(ちょっとわるふざけだったのですが)と書きましたが、「なう」については、「編集ノート」に記述がありました。よく読んでいなかった、私の方が悪いですね。

それによると、やはり「なう」はツイッターの方からの発想のようで、「『なう(今)』の、率直な思いや行動」を表しているところからつけられたようです。

途中省略しますが、「今に至る親鸞」「親鸞を通してみる現代」というふうに「親鸞なう」を捉えてほしいと書いてあります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/401500/25249019

親鸞なう16日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿