Powered by Six Apart

カウンターなど

« 浄徳寺さんの報恩講 | メイン | 親鸞なう16日 »

2010年10月17日 (日)

パリの報恩講

千葉乗隆さんの「パリの報恩講 二人の日本人僧の百十年前の願い」が『よろこび 特集号 みんなでつとめる報恩講』に載っている。

実は、ここで紹介されている善連法彦(よしつらほうげん)は、仏光寺派仏照寺の方で、妹の嫁ぎ先になる。

明治時代に海外へ出ることは、大変なことだと思うが、ヨーロッパで最初の報恩講を勤めたというのは、エポックメイキングな事柄と言っていいのだろう。

正善寺の報恩講で、施本としておわけしたいと思っておりますので、是非ご一読ください。

報恩講 11月3日(水) 

     逮夜 午後3時より 正信偈真四句目下げ

                 (お齋)

     初夜 午後7時より 正信偈草四句目下げ

                 御伝鈔拝読

説教 覚善寺様       

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/401500/25248993

パリの報恩講を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿