Powered by Six Apart

カウンターなど

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月22日 (火)

お彼岸のお墓

今年のお彼岸は3月17日(木)~3月23日(水)の一週間。
明日までです。

今年は、閏年で春分の日(=彼岸のお中日)が3月20日(日)であったため、いつもと少し感覚が違うかもしれません。

仏壇
家(うち)にやお庭はないけれど、
お仏壇にはいつだつて、
きれいな花が咲いてるの。
それでうち中あかるいの。 (金子みすゞ)
みすゞさんの詩はお仏壇を詠んだものですが、
お寺のお墓にも色とりどりの花がいっぱいなのがこの時期です。
今日は明るい日差しが降り注いでいます。
その明るい日差しの中、境内のお墓にはお参りいただいたときに新しくして行かれたお花が色鮮やかに咲いています。
みすゞさんのお家がどのようなものであったかはわかりませんが、みすゞさんのご苦労多い人生からは、少し薄暗いお家であったような気がします。
お仏壇の花が、その薄暗いお家を明るくしていたのであれば、とてもすてきなことのような気がします。
以前この詩を取り上げて書いた文章があります。
よろしかったらご覧ください。(ここをクリック)

2016年3月20日 (日)

彼岸会(正善寺)終了

正善寺の彼岸会が無事終了。

たくさんのお参りありがとうございました。

新しい打敷での彼岸会は

仏様への思いを新たにする機縁となったのではないでしょうか。

正善寺からのお知らせ

尼講 4月24日(日) 午後3時より(蓮如講となります)

彼岸会

本日は正善寺の彼岸会です。

お墓においでの方も、本堂にお入りになり、ご一緒に阿弥陀様に手を合わせてください。

彼岸とは、仏国土のことですから、お墓におられるご先祖のためだけにお参りするのではありません。

仏の国に思いをはせ、私が仏様と遇わせていただくことが大切です。

ところで、今年初め、正善寺には新しいご門徒さんが増えました。(正確には、75年前ご本山の直参となられた方々(10軒)が再び正善寺に戻られました。)

その方々のご寄進で、お内陣の打敷を新調させていただきました。

彼岸会はそのお披露目ともなります。

正善寺からのお知らせ

正善寺

3月20日(日) 午前10時より 彼岸会 説教住職

本山證誠寺

3月19日(土)~3月21日(月) 逮夜(午後2時) 春季彼岸会

20日に住職がお取り次ぎいたします。

(以前のお知らせで、本山彼岸会を3/20から22としたものがあります。教団連合の法語カレンダーやHPもそうなっております。3/19~21ですので、お間違いないようお願いいたします。)

2016年3月17日 (木)

彼岸の入り

今日から春のお彼岸となります。

お彼岸を到彼岸とも言います。

仏様の国に到るということです。

お彼岸を機縁として、仏様に思いをいたしましょう。

正善寺からのお知らせ

正善寺

3月20日(日) 午前10時より 彼岸会 説教住職

本山證誠寺

3月19日(土)~3月21日(月) 逮夜(午後2時) 春季彼岸会

20日に住職がお取り次ぎいたします。

(以前のお知らせで、本山彼岸会を3/20から22としたものがあります。教団連合の法語カレンダーやHPもそうなっております。3/19~21ですので、お間違いないようお願いいたします。)

どうぞお参りください。

2016年3月16日 (水)

よみがえる節談説教

昨日金沢で「よみがえる節談説教」祖父江佳乃師を聴かせていただく。

いろいろと真宗の教えを説かれた後、親鸞聖人御一代記として山伏弁円をお話になる。

弁円さんのお話は、いろいろな形でお伝えいただいているが、「御伝鈔」に元の話がある。

親鸞聖人が布教をされ、どんどん真宗の教えが広まると、いわゆる山伏といわれる加持祈祷を生業とする人々のもとから聖人の元へと人々は移ってゆく。

信者を奪われた弁円は、聖人を恨みに思い、命を奪おうと乗り込むが、聖人のお話を聞き、お念仏に生きるようになる、簡単にまとめるとこのような話だろうか。

そのお話を祖父江師は生き生きとした語りでお伝えになる。

得がたい経験であったと思う。

関連する行事として、出雲路派本山毫接寺様で開かれる催し。

5月29日(日)に「声明と説教の世界」が行われる。

祖父江師・吉峯師・萼師が説教を。

声明は、真宗はもちろん時宗・天台声明も行われる。

得がたい機会ですから、興味のあるお方は、是非。

正善寺からのお知らせ

正善寺

3月20日(日) 午前10時より 彼岸会 説教住職

本山證誠寺

3月19日(土)~3月21日(月) 逮夜(午後2時) 春季彼岸会

20日に住職がお取り次ぎいたします。

(以前のお知らせで、本山彼岸会を3/20から22としたものがあります。教団連合の法語カレンダーやHPもそうなっております。3/19~21ですので、お間違いないようお願いいたします。)

どうぞお参りください。

2016年3月13日 (日)

雪割り撤去

本日、年番の皆様のおかげで雪割り・雪囲いの撤去作業が終わりました。

春のお彼岸を前に、だいたいこの時期にこの作業をやりますが、

冷える中、順調に作業が進行いたしました。

この作業が終わると、お彼岸を待つばかりです。

正善寺では3月20日(日) 午前10時より 彼岸会を行います。

本山證誠寺では3月19日(土)~3月21日(月)まで彼岸会です。

3日とも逮夜 午後2時より

20日にお取り次ぎのご縁をいただきました。

山元派報恩講の様子

いろいろと私の方でパソコントラブルなどもあり、

遅れていた山元派本山證誠寺の御正忌報恩講のようすが、

アップされました。

なかなか写真が撮れず、数が少ないのですが、ご覧いただけると幸いです。

ここをクリック

2016年3月 5日 (土)

お講結び

去る2月27日(土)お講結びが勤まりました。

今年最初の尼講、多くの方においでいただき、誠にありがたく思います。

と言いながら、住職はこの朝発熱。(後にインフルエンザだとわかります)

残念ながら欠席。

布団の中でこの時間を過ごすことに。

ともあれ、正信偈のお勤め(佛性寺様にお願い)お斎と無事に進んだと聞いております。(法話がありませんでしたが…)

3月20日(日)午前十時より 彼岸会

を行います。どうぞお参りください。