Powered by Six Apart

カウンターなど

« あなたがあなたとして輝く時 | メイン | つながる »

2012年12月 4日 (火)

灯り

三浦明利「灯り」ニューアルバム

インディーズの頃からのCDを聴かせていただいているが、このCDは、三浦明利さんの新境地を見る思いがする。

伸びやかな歌声、何ともいえない艶があり、その上、今までにない余裕も手に入れたように私にはきこえる。

大人の三浦明利を聴くといってよいだろう。(もしかしたら、失礼?そうであったら失礼の段ご寛恕を)

耳慣れた楽曲も新鮮である。

「恩徳讃」は、アップテンポの今まで慣れ親しんだ歌がこのようになるのかといった新鮮さが感じられる。

「あかりの法話」も味わい深いところ。

親しみのある「ありがとう」「花束レクイエム」は、以前とはまた違った顔を見せて新鮮である。

一枚ゲットすべき と思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/401500/30501367

灯りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿