Powered by Six Apart

カウンターなど

« きのう届いたもの | メイン | 消しゴムはんこ作りませんか? »

2013年4月 6日 (土)

いのちとうとし2

「いのちとうとし 2」という小冊子が今、手許にあります。

副題は「16人のお坊さんが子どもたちに贈る千字メッセージ」

ここにあるように、短い文章。2ページ見開きで一人のお坊さんのメッセージ。

16人のお坊さんがメッセージを寄せられています。

お坊さんの所属はいろいろな宗派に渡っていて、バラエティ豊か。

真宗の方はお二人。いずれも私にとって親しみを持っているお方。

まずお一人目は浦上哲也さん。「魚たちの悲しみ」

金子みすゞさんの詩からいのちの大切さを伝えてくださる。

みすゞさんの詩は浦上さんのにとっては、非常になじみ深いものであると思われますが、お人柄が表れた文章だと拝察しております。

「なごみ庵」というちいさなお寺(お寺のたまご)から、多くのことをお伝えになっておられます。

お名前からリンクを張ってありますので、「なごみ庵」にもおいでください。

お二人目は柳瀬奈々さん。ひらがなの「やなせなな」さんとして歌手としてもご活躍。「共命鳥が伝えてくれること」

共命鳥(ぐみょうちょう)とは、体は一つで頭の二つある鳥。私たちのなじみがある「仏説阿弥陀経」にも出てくる極楽浄土の鳥です。「共命之鳥」とも書かれます。

この共命鳥のエピソードから、命がつながっているということをお伝えいただいています。

ほかのお坊さんも、皆さん味わい深いお話を示してくださいます。

機会があれば、お手にとっていただきたいものです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/401500/31359001

いのちとうとし2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿